ドラマ

フジドラマ推しの王子様の原作脚本やあらすじは?キャストは代役で比嘉愛未に決定?

女優の深田恭子さんが『適応障害』で7月のドラマを降板された話題になっています。

出演するはずだったフジドラマは『推しの王子様』というタイトルで、深田恭子さんの代役を務めるのは比嘉愛未さんに決定しました。

今回は気になるフジドラマ推しの王子様の原作脚本やあらすじについて。

またキャストについても調べていきました。

フジドラマ『推しの王子様』のあらすじは?

フジドラマの『推しの王子様』が気になりますよね。

どんなストーリーなのかあらすじを調べてみました。

~登場人物~

  • 主人公の日高泉美役:比嘉愛未
  • 五十嵐航役: 渡邊圭祐

ただ今36歳、乙女ゲーム(女性向け恋愛ゲームの総称)を手がけるベンチャー企業「ペガサス・インク」代表取締役社長である泉美は、4年前に起業し、最初にリリースした乙女ゲーム「ラブ・マイ・ペガサス」が異例の大ヒットを記録。

「ラブ・マイ・ペガサス」は、外見から内面まですべてが泉美にとって理想の“推し”(=好きなゲームキャラクター)である、ケント様と恋に落ちるゲームで、泉美は一躍、新進気鋭の経営者としてもてはやされることに。

社長になる前の泉美は、保険会社で働き、当時は夢もやりたいこともなく退屈な毎日を送っていた。ある時、友人から乙女ゲームの存在を知り、何気なくプレイを始めたところ一瞬で心を奪われ、泉美は人生で初めて“生きがい”と呼べるものを見つける。

乙女ゲームに夢中になるあまり、仕事もゲーム会社へ転職。そればかりか、最高の乙女ゲームを一から作り上げるために起業することを決意し、今に至るのであった。

性格は真面目で、誰に対しても壁を作らず等身大で接する泉美。社長になってからは一流のコミュニケーション能力とマネジメント力を身につけ、仕事に対する情熱は増すばかり。どんなに困難な状況でも絶対に諦めず、ひたむきに前へ進む姿に、部下からの信頼も厚い。

プライベートでは、ここ何年も恋愛をしておらず、もっぱら「ラブ・マイ・ペガサス」のケント様に夢中だ。

一見、順風満帆な泉美だが、「ラブ・マイ・ペガサス」に続く次回作の制作に苦心しており、SNSには「一発屋」という心ない声も。もちろんめげることなく、部下たちには明るく笑顔で発破をかけ、その裏では開発資金の調達に奔走していた。

 

ある晩、日頃の疲れから、つい酒を飲み過ぎてしまった泉美が帰り道を歩いていると、突然1人の男が文字通り空から降ってくる。仰天する泉美だったが、男の顔を見てさらに驚がくする。男の容姿は、なんと自分の理想通りに作った「ラブ・マイ・ペガサス」のケント様にソックリだったのだ。

男は借金取りから逃げるため、歩道橋から飛び降りたようで、追いかけてくる借金取りから隠れようとしたはずみで、泉美を抱きしめる。あまりにも信じられない出来事の連続に泉美は、酔いも手伝って、そのまま気を失ってしまい…。

男の名は五十嵐航、23歳。泉美にとって、まさに王子様が舞い降りてきたかのように思えたが、理想通りなのは容姿だけ。航は無作法で無教養で無気力で、なんとこれまで一度も人を好きになったこともない、ないない尽くしの残念すぎる王子様だった。

大失望する泉美だったが、ひょんなことから「私があなたを理想の男性に育てる!」と、航の人生を変えることを決意。泉美は航を「ペガサス・インク」で雇い、仕事はもちろん言葉遣いからマナーに知識、さらには生きがいや恋の仕方まで、ありとあらゆることを教えていく。そして、時に泉美が航に守られ、逆に泉美も航から本当に大切なことを教えられることに――。

引用:https://www.fujitv-view.jp/

ピッピ
ピッピ
乙女ゲーの推しがリアルに現れるという新感覚ドラマだね~
コッケ
コッケ
主人公が乙女ゲーム会社の女社長ってちょっと気になるな

乙女ゲームを中心に恋愛が始まる新感覚ドラマですね~。

今までにないコンセプトのドラマなのでとても気になります!

今回のドラマの制作人は『知ってるワイフ』の制作人ということで、人気ドラマの制作が手掛けているので絶対に面白いと思います。

フジドラマ『推しの王子様』の原作脚本は?

フジドラマの『推しの王子様』の原作はなく完全オリジナルドラマでした。

製作陣が『知ってるワイフ』を企画していたこともあり、今回も韓国ドラマのリメイクなのではという声もありましたが、今回はオリジナル作品なようです。

脚本は阿相クミコさんと伊達さんコンビの『大人のカフェ』が担当しています。

~大人カフェの脚本作品~

  • 『マルモのおきて』2011年
  • 『ワカコ酒』2016年
  • 『マリーミー』2020年

人気ドラマの脚本家が担当されていました。

『推しの王子様』はハズレなさそうですね。

フジドラマ『推しの王子様』のキャストは?

主人公の日高泉美役:比嘉愛未

 

この投稿をInstagramで見る

 

比嘉愛未 Manami Higa(@higa_manami)がシェアした投稿

名前 比嘉愛未(ひが まなみ)
生年月日 1986年6月14日
年齢 34歳
出身地 沖縄県
身長 164㎝
血液型 B型
出演作品 『どんど晴れ』
『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』
『マルモのおきて』
所属事務所 ライジングプロダクション

深田恭子さんの代役を務めるのは比嘉愛未さんでした。

女優としても評価の高い比嘉さんなので代役ですが安心して観れそうです!

このたび大きなお役目を頂戴致しましたが、今までいただいてきた役、どれも全て全身全霊で演じてきました。それは今回も変わらず、気持ちは同じです。

とにかく、みなさんの日常を明るく照らす作品になるよう最後まで全力で努めてまいります!応援していただけると幸いです。深田さんの、一日も早いご回復を願っております。

引用:https://www.fujitv-view.jp/

五十嵐航:渡邊圭祐

 

この投稿をInstagramで見る

 

渡邊圭祐(@w_keisuke93)がシェアした投稿

名前 渡邊圭祐(わたなべ けいすけ)
生年月日 1993年11月21日
年齢 27歳
出身地 宮崎県仙台市
身長 182㎝
出演作品 『仮面ライダージオウ』
『恋はつづくよどこまでも』
『MIU404』
『恋はDeepに』
所属事務所 アミューズ

ヒロインの相手役は渡邊圭祐さんでした。

年齢は27歳で主人公よりも年下のイケメンが担当するようです!

渡邊さんはイケメン俳優の登竜門である仮面ライダーシリーズ出身の演技派なのでドラマが楽しみですね!

オリジナルストーリーならではの新しい角度のロマン溢(あふ)れる夢のような展開のお話で、航という役を演じさせていただけることを心からうれしく思います。

夢や希望もなく、その日をぼんやりと生きることしか考えていない空っぽな航が、泉美との出会いを通し、人として成長していく様を丁寧に演じていきたいです。

このような大役に恥じないよう、精いっぱい考えて悩んで、スタッフのみなさま、キャストのみなさまからお力をお借りして、航という人間を見ている方にも推していただけるよう、努力して本物の幸せを見つけたいと思います。

これまで比嘉さんの数々の作品を拝見しておりました。ご一緒させていただくことを楽しみに、とにかく自分のできることに集中して、全力でぶつからせていたきたいと思います。

“推し”がいる生活の素晴らしさはもとより、好きなもの・ひとをより一層推したくなるお話になっていますので、どうかこの夏一番の尊さをその目で感じていただけるとうれしいです。

深田さんが、健やかに過ごされるよう心よりお祈り申し上げます。

引用:https://www.fujitv-view.jp/