トレンド

渡邉摩萌峡(ワタナベマホト)の漢字の名前の由来(意味)はなに?父親はどんな人物なのか調査

YouTuberのワタナベマホトさんが逮捕され、今まで『ワタナベマホト』は本名なのかという疑問の答えがニュースで発表される事態に・・・・。

ワタナベマホトさんの本名は・・・・渡邉 摩萌峡でした。。

ワタナベマホトさんの名前を見てSNSでは『キラキラネーム』や『DQN丸出し』などの声もあり、確かに厳ついですよね。

そして摩萌峡でマホトと読むんですが、この漢字にどんな由来があるのか気になりますね。

今回は渡邉摩萌峡(ワタナベマホト)の漢字の名前の由来はなに?について調べていきました。

渡邉摩萌峡の漢字の由来はなに?

ワタナベマホトさんの逮捕で渡邉摩萌峡という正式な名前が世間にバレてしまいました。

ピッピ
ピッピ
珍しい名前で由来が気になるねーーー!
コッケ
コッケ
この漢字でマホトって読ませるんだ。ちょっと無理やりすぎないww

今まで本名を決して公開してこなかったワタナベマホトさん。

私もキラキラネームとまではいきませんが・・・・少し厳つい名前なのでワタナベマホトさんが本名の渡辺摩萌峡という名前を公表しない理由が何となくわかります。。。。

最近はキラキラネームを付けられて、名前を改名する人も出てくるほど問題視されていたりするほど社会問題ですよね。

ピッピ
ピッピ
この名前でいじめとか起きてなければいいけど。

 

そして気になる難読漢字のような摩萌峡という名前の意味や由来について調べるとこちらの動画にて詳細を語っています。

ワタナベマホトさんの父親が小さい頃に訪れて記憶のある場所を漢字に入れて名付けたたそうです。

摩萌峡(マホト)という名前は父親が付けた名前で、父親が訪れた思い出の場所を1文字ずつ漢字でいれたようですね。

動画の中で語られたのは一部ですが摩萌峡さんの摩は多摩の『摩』であることが分かりました。

多摩に訪れたマホトさんの父親はどんな思い出があるんでしょうね?

この流れで行くと『萌』と『峡』それぞれに父親が訪れた場所の記憶があるようです。

『萌』でパッと思いつくのは北海道留萌市くらいですよね。

おじいちゃんに色々連れていかれたエピソードも語っていたので日本全国津々浦々と旅行されていたのかもしれませんね。

最後の 『峡』だけは分かりませんでした。地名なのかそれとも峡谷なのかもしれませんね。

渡邉摩萌峡(ワタナベマホト)の父親はどんな人物?

名前の名付け親である渡邉摩萌峡(ワタナベマホト)さんの父親がどういう人物なのかきになりました。

調べてみると家族構成はおそらく『父親・母親・マホト・妹』なのではないかと思います。

父親の顔画像がありました。画像でしかありませんが、ちょっとコワモテもお父さんって感じですね。。。

勝手な憶測ですが、マホトさんは以前にも逮捕歴があり、やはり生い立ち的なものがあるのかなと思ってしまいますよね。

父親との詳細的なエピソードなど調べてみましたが情報がなく、唯一あったのが2017年6月27日に心筋梗塞で倒れた父親を心配するツイートです。

人生で一番最悪な日にならない事を願って。
今は何がどうなろうと頑張るしかない!

— マホト (@MAHOTONNN) 2017年6月27日

 

何があったかは後日報告する事になると思います。では

— マホト (@MAHOTONNN) 2017年6月27日

ツイッターにて父親の病気や一命を取り留めたことを発表されていました。

これ以外に生い立ちに関わる内容があるとしたら、妹の高校の学費をマホトさんが支払っているというエピソードがありました。ただ画像を見ると貧乏そうな感じはしませんよね。。

世間の声は?

渡邉摩萌峡(ワタナベマホト)さんの名前に関して世間の声を調べていきました。


渡邉摩萌峡(ワタナベマホト)さんの逮捕より名前についてのコメントが多くありました(笑)

たしかにこの名前気になりますね。

もしユーチューバーとしてまた復活する際はこの名前で活動して欲しいなと思いますね。